動画で流れる広告

再生マーク

条件とお金の入る仕組み

YouTube広告が動画に載せることが出来るようになった場合、広告を載せるよう設定することによって投稿者は広告から利益を得ることが出来ます。この広告は、動画が再生される、要は広告が再生されるだけで動画の投稿者に利益が入ります。もちろん、視聴者がその広告をクリックしたりその広告内でお金に関係する何かしらの手続きをした場合、更に投稿者に利益が入ります。YouTube広告を載せられるようになるには様々な条件が存在します。代表的なのが、動画の再生数が一定以上を超えているなどです。普段から投稿している動画の再生数の平均が多ければ多い投稿者ほどその広告が見られる頻度が多くなるので、そのユーザーの動画に広告を記載することが出来れば広告元の会社がより得することになる仕組みとなっています。逆に、再生数が少ないユーザーの動画に広告を記載しても広告が再生されたり、クリックされることは再生数が多いユーザーに比べてとても低くなるため広告元の会社にあまりメリットがありません。この点が存在するので、YouTube広告を載せるには一定回数以上の再生数が必要という条件が存在します。お金が入るタイミングは、YouTube広告による利益が一定金額以上を超えると来月の特定の日に利益が銀行の口座に入るようになっています。一定金額を超えていなかった場合は、その月に広告の利益は口座に振り込まれず、来月に持ち越しという仕組みになっています。

Copyright© 2017 業者にWebコンサルティングサービスを依頼しよう|メリットとは All Rights Reserved.